​WEAR THE FLOW

この作品は「白鯨」をモチーフにし、「アルビノ」をテーマに制作した。広大な海を伸びやかに泳ぐ姿を造形し、他者の目が気になる今の時代の中でも自由に生きる強さの象徴となるような希望を込めた。その一方で白鯨のアルビノの性質に着目した理由は、アルビノの特徴である唯一無二の美しい白さ故におきる差別的被害や残虐な事例を知ったからである。私が美しいと感じていた存在は、当事者でしか理解し得ない心の葛藤に埋め尽くされている。表面的な美しさの内側に潜む感情を、陶磁器素材の特徴である描写と焼成を複数回繰り返すことで生まれる質感の違う線の痕跡を残して重ね描くことで、心の内側に近い感情を表面的に美しい色を纏わり付かせ本心を覆い隠し、当事者の心の葛藤と他者からの印象の差異を私なりに表現した。

流纏18.jpg

​WEAR THE FLOW

W850×D850×H1450mm/2021
半磁器

流纏-ruten-13.jpg
流纏-ruten-19.jpg
流纏-ruten-20.jpg
流纏12.jpg